痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

年代別の栄養と食事 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

食育で生きる力を育む

幼少のころから望ましい食習慣を身につけ、体に良い食べ物を自分で選ぶ力をはぐくむことが、生涯の健康を支えます。


正しい食習慣の乱れが問題

子どもたちの食を取り巻く環境の変化によって、エネルギー脂肪の摂り過ぎをはじめ、朝の欠食、孤食(子どもだけの食事)、加工食品や外食への依存、伝統的な食習慣の衰退など、様々な問題が生じています。

さらに運動不足も加わって、現在、幼稚園から高校まで全ての年代で着実に肥満が増え、糖尿病脂質異常症など生活習慣病の低年齢化の傾向も現れてきています。

このような状況への危機感から、以前にも増して「食育」が注目されています。

幼少時から適切な食習慣を身につけ、自分の力で正しい食品を選び、組み合わせて食べる力を育んでいく必要性が求められています。


食べる力の向上は生きる力の向上に直結

農林水産省、厚生労働省、文部科学省は、平成15年度から食育に関する予算を計上し、学校教育や給食、地域、マスメディアなどでも本格的な取り組みがスタートしています。

「食育」という言葉は明治時代ごろからあり、1903年に村井弦斎が小説「食道楽」で「知育・道徳・体育よりも食育が先」と書いているように、重要な教えとされていました。

一旦身に着いた食習慣を大人になってから変えるのは困難なことです。

幼少のころから望ましい食習慣を身につけ、自らも食品選びや食事作りに積極的に酸化していくことは、生活する力、すなわち「生きていく力」を育むことにつながります。



妊娠中の栄養と食事
乳幼児の栄養と食事
小学生の栄養と食事
中学・高校生の栄養と食事
大人の栄養と食事
65歳からの栄養と食事
アンチ・エイジング・フーズ
食育で生きる力を育む
栄養からみた身体活動とエネルギー
食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜
リンクについて















































菜の花 栄養




年代別の栄養と食事 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。